メイン

男の酒談(日本酒・焼酎・国産ワイン)

純米吟醸酒 遊穂(ゆうほ) [御祖(みおや)酒造]

20150701.jpg



石川県に生まれ41年、20代の頃から地元のお酒に強い憧れと興味があったので色々な地元酒造の酒を

呑んできたつもりだが、今回、ご紹介頂いた酒は恥ずかしながら初めて知ることになりました。

御祖酒造、代表作は「ほまれ」ということだが、それすらも知らなかった。そして今回、口にしたのが

新銘柄「遊穂(ゆうほ)」一応、蔵元さんからの説明とお酒のラベルに記載されているお酒の特徴を

理解したうえで呑んでみた。


情報では石川県を代表する銘柄によくある「キレのあるスッキリとした味わい」とは正反対の味わいに

仕上げているのが特徴で和食よりも肉料理や中華料理に合うとのことなので、単純にイメージするのは

米の旨みを凝縮したパンチの強い味わいなのかと思いながら、最初の一口を味わう。


正直に書きますと、一口目、残念ながらイメージしていたガツンとくる感じではなく、どこか丸みの

ある言葉を選らばなければ平凡な味わい可も無く不可も無くそんな感じだった。

でもね・・・よくキャッチコピーで使われるあれだったんですよ!!


「羊の皮を被った狼」


せっかくなので中華料理に合うと説明にあるので、2年待ちで届いた餃子が丁度あったのでそれと

遊穂(ゆうほ)を合わせてみることにした。確かにこってりした味わいとは合うが圧倒的な組み合わせ

ではない。でね、最後に私が愛用している国産ラー油 山田製油の「ごまらあ油」を多めに入れた

タレに餃子をくぐらせ口に含み遊穂を流し込んだ時、狼に化けました。

そもそも香りの良いラー油ですが、その香りを一層引き立てるんです。それで確信したのが味の濃い

食べ物との組み合わせではなく正確には刺激の強い物との組み合わせが、このお酒とは相性が良いの

だと思います。辛味とか苦味とか酸味、いわゆる危険な味に対して実に相性がいいのだと・・・


基本、石川県のお酒は上品な和食に合う味わいが特徴なことを考えると、明らかに性格が正反対な

お酒であることは間違いないです。

なので自分なりの解釈ですが中華料理や肉料理に合わせるというよりも、香辛料の効いた料理や

香りの強い素材との相性が抜群なのでしょう。中華料理では山椒、唐辛子の効いた麻婆豆腐とか

肉料理ではスパイスシーな豚や羊のグリル、チーズであれば山羊系のブルーチーズなんかと合わせる

ことで実に奥深い味を楽しめるお酒ではないでしょうか。

あと、あえて和食と合わすなら、、、こってりソース味のお好み焼きなんかがよろしいかと。

石川県のお酒でありながら石川らしさを感じさせない「味」そんな魅力の詰まった1本でした。



720ml 1491円

原料米 麹米:山田錦  掛米:美山錦

御祖酒造



data-layout="button_count">
いつか1位になりたいんです。そんな夢を叶える1クリックをお願い致します。

純米酒 手取川 吉田蔵 [吉田酒造店]

20150410.jpg



石川県の地元でも評判の良い日本酒「手取川(てどりがわ)」を手がける酒蔵、吉田酒蔵店が創る

「吉田蔵」なる銘柄を見つけたので試しに呑んでみた。手取川という銘はあるものの、この酒の名称的

には吉田蔵なのであろうか???

呑んだ翌日に吉田酒蔵店のホームページでようやくその疑問が解決できた。


吉田酒蔵店のホームページはこうある


手造りによる酒造りを今後も続けていく為は若手酒造技術者の養成が急務です。
そこで敢えて蔵を二つに分け技術の継承を図っています。
若き「吉田行成」杜氏が精魂傾けて醸した純米酒です。


要は若い杜氏さん達が修練の一環として創るセカンドブランド的な銘柄が吉田蔵なのだということです。



さて肝心の味ですが、やはり手取川を手がける酒蔵だけに若い杜氏であろうと安定感のある旨さです。

さらりとした感じではなく、あえて言葉を選ぶのであれば濃厚という表現になるでしょうか。

本来なら日本酒と魚という組み合わせがセオリーであるとするならば、そのセオリーを無視して肉と合わ

せるのがベターな日本酒です。


ここも表現が難しいのですが肉であってもシンプルな塩味のものではなく甘辛な濃厚な味わいの肉料理

との相性が良いと思います。例えば、すき焼きとか肉じゃがとか豚の生姜焼きなども良いと思います。

焼き鳥であれば鶏皮やレバーのタレ焼なんかも相性が良さそうです。



しいて言えば焼肉との相性が良いマッコリ的な味わい方がこの日本酒の楽しみ方なのかもしれません。

繊細で研ぎ澄まされた酒を極めた味とは対照的に、料理と一緒に楽しむことで料理ごとに色々な味わいを

楽しむ事ができる1本だと思います。



720ml 1050円  1800ml 2100円

原料米 麹米:山田錦50%  掛米:五百万石55%

株式会社吉田酒蔵店



data-layout="button_count">
いつか1位になりたいんです。そんな夢を叶える1クリックをお願い致します。

満寿泉 原酒 スペシャル MASUIZUMI2007(日本酒)

20140421.jpg


富山県の名酒 満寿泉(ますいずみ)を醸造する蔵、枡田酒造が作るワインにも似た少し変り種の一酒です。

純米大吟醸を熟成させたあと、樽で原酒を保存(寝かせる)した酒になります。

ワインを模した瓶に入っているので見た目はまさに白ワインですが、口に含めば間違いないなく日本酒です。

寝かせたためか日本酒の鮮烈な風味ではなく、口の中にじっくりと広がる香りの方が強く日本酒の新しい

味わいのように感じました。通常は冷やして呑むそうですが、とりあえず常温で呑んでみたので特に香りの

広がりを感じたのかもしれません。

今回、鶏胸肉のマヨネーズソースと合わせて頂きました。日本酒の独特な酸味が少ないこちらのお酒

マヨネーズ等の酸味のある味わいのお料理との相性は良さそうです。逆にお刺身や野生味のあるお肉等

には少しお酒の方が弱くあたるのかもしれません。

日本酒の新しい挑戦を感じることができる1本一度は試して頂きたいお酒です。

data-layout="button_count">
いつか1位になりたいんです。そんな夢を叶える1クリックをお願い致します。





Copyright(C) 2006-2008 WAZA .All Right Reserved wazahonpo.com